窓ガラスコーティングで住居にさらなるウィンドウマジック

可能性と現状

可能性がひろがるリフォームのあり方

最近のリフォームでは、中古物件を購入して、それを全面的に改装するリノベーションや、事務所などの非住宅物件を住宅に用途変更するコンバージョンなども、急速に増えつつあります。 このように、リフォームはもはや、1つの考え方の範疇には収まらないほど多様化しています。 そのように考えてみると、リフォームを前提とする中古物件の購入は、従来のようにマンションや戸建て住宅だけを探すのではなく、非住宅も含めて幅広く探してみると、大きなメリットが得られる可能性があります。 こうしたことは、なかなか一般ユーザーだけでは難しい場合も多いため、設計事務所のような専門家の助けを借りながら取り組んでみることが大切でしょう。

社会全体が後押しする中古市場

中古物件を活用して、新しい居住空間へと再生させていく取り組みに対しては、現在、社会全体が後押しする機運が生まれていると言えます。 空洞化によって多発した都心商業地の空室ストックの再利用を促進するために、用途変更の際の規制の緩和が進みつつあります。 また、中古物件の免税措置などのリフォームを促進させる施策も進み、リフォーム市場は急速に確立しつつあります。 ただ同時に、空間の自由度や強度、不動産の価値などを含めて、中古物件の可能性を総合的に判断することはなかなか難しい問題にもなっています。 今後は、デザインや強度を判定する設計事務所だけではなく、不動産、資金計画などの分野も協同して、幅広い領域でアドバイスができるような取り組みが求められています。

↑ PAGE TOP